ROCK BAR「TEXAS FLOOD」BLOG

JBLスピーカーでROCK&BLUESを流している 四谷荒木町柳新道通りの、禁煙ROCK BARです。 平日1900−2330 定休日は「日祝」 土曜は不定休です。

2005年05月

ニューヨーク

シンペイさんのBLOGを見て、行きたいのを思い出しました。N.Y.
 
私はまだN.Y.行ったことありません。
TOKYOに行ったことない地方の高校生のような心境です。
行ってみてぇ〜。
 
N.Y.のROCK BARってどこがいいんでしょう?
いつか(出来れば来年)行くときの為に今から調査しときたいですねえ。
LIVEハウスもセレクトしたいし。
 
ファーストトリップだと大概「おのぼりさん」状態になりますから「舞い上がり」ぱなしになりますよね。あっちこっちキョロキョロ、カメラぱちぱち。
しっかり見て楽しむにはやはり「事前調査」必要です。
 
2回目でやっと落ち着いて歩けるでしょうね、たぶん。
でも、とりあえず1回行かないと。
 
初めて海外へ行ったときは「羽田」から、「1ドル300円」でした。

バディ・ガイはやはり凄い。

Chicago Blues Festival 2005
John Mayall and the Blues Breakers w/ special guest Mick Taylor
Buddy Guy
Kenny “Blues Boss” Wayne
Lucky Peterson Band
Mavis Staples
その他多数。
 
6月9日〜11日シカゴの恒例ブルースフェスです。
てきふらのお客さんS氏夫婦もいくそうです。
昔から一度行ってみたいフェスです。

バディ・ガイとメイプル・ステイプルは野音の1週間後はここに出演するんですね。
映画「ライトニン・イン・ア・ボトル」(たしかこの映画)で、若いバディのステージの客席にジミ・ヘンドリックスがいて、羨望の眼差しでバディを見てました。
ジミヘンのアイドルだったのか、水玉おじさんは。
 
来週の土日は「ジャパン・ブルースカーニバル」ですね。日比谷野外音楽堂。
天気がいいといいですね。
例年、ダービーかオークスと重なるのですが今年はずれてるので、嬉しいおじさんもいるはずです。ビール飲みながら野外でブルースを…。石シートなんで、お尻痛いですけど。
気持ちいいLIVEです。
 

お祭り。

6月3日〜5日、近所の須賀神社の「恒例大祭」があります。
3日(金)の夜は、ロックバー「TEXAS FLOOD」の前の小道にも、お神輿が練り歩きます。
日曜の午後には「18町会連合神輿渡御」というのがあって、たくさん神輿が集まるようです。4時解散予定とありましたので、それより前に須賀神社に行くと楽しいかもしれませんね。
 
野音のブルースカーニバルもあるし、どっちに行こうかなあ。

ジェフ・ベック軽井沢表紙追加。

軽井沢ジェフ1「ギターマガジン1986年8月号」表紙です。

そして…

国際フォーラム、15日追加するそうですね。

今回は注目度高いから満席でしょう。

軽井沢のJEFF BECKであります。

JEFF BECK 軽井沢2

1986年のLIVE。

ジェフ・ベック&サンタナ&ルカサーです。

「ギターマガジン8月号」

 

JEFF BECK 軽井沢3

私は行ってないのですが、某仮面ライターは前日から行ってたそうです。

リハも自由に見れて、ホテルのレストランでは隣にジェフとルカサーがメシ喰ってたとか。

いいな。

 

 

昨晩は自主制作音源試聴会も。

以前の知り合いが、録音完了したての自主制作アルバムを聴かせてくれた。
プログレのレーベルから秋に発売とか。ジャズロック&プログレのような印象だったが、女性VOの声も美しく、演奏もプロレベルで、これなら営業次第ではいけるのではと思いました。
海外にPRしたら受けそうな感じもしますね。
そのうち、そのバンドからPR書き込みがあるでしょう。
隣にいたお客さんがさっそく予約してました。
 
おまけ。
再結成クリームの4日間公演完全4枚組みBOXが出るらしい。
行った人が撮影した写真は、すでに「てきふら」にあります。
生録もありますが、市販のプライベート盤より音がいいです。
PCダウンロードのは音悪いですね。まあ聞こえるだけ程度かな。
 

携帯お先真っ暗だぜ。

メールを打っている途中で突然画面が真っ暗に(暗いべいびい)なる病気を繰り返す私の携帯はついに手術入院することになりました。
退院まで10日位、代替品を貸してくれたがこれが問題。
操作方法が?なのですよ。取説を見ても分厚くて、どこに書いてあるかを探すのにも大変。
該当箇所に辿り着いても、書いてあることと違う結果になってしまう。
だいたい文字もマークも小さいんです。拡大鏡と格闘していると、やがて参ってしまいました。
閉店後、タリスカーをがぶ飲みしながら、「地獄の黙示録完全版」を、JBL低音増量で見てました。ヘリの音なんかJBLだと凄みがあります。
映画「ブラックホーク・ダウン」でヘリが飛ぶところに、レイヴォーンのヴードゥ−チャイルが流れるそうです。
 

ロックバー主催のLIVE、もう9回目となりました。

第9回てきふら企画LIVE
★6月12日(日)17:30開場、18:00開演
★入場料1500円
★丸の内線「四谷3丁目」下車2分 ス-パーセイフー先2F
 レストランバー「ソケースロック」 03-5368-1317
★出演
 .泪螢ットバンド
 FLYING MORGAN FIELDS
 シシビ
 ぅ札奪轡腑鵐織ぅ燹平聞TAKA)
★主催 荒木町ロックバー「テキサスフラッド」
 03-3351-2969
 
「てきふら」企画LIVEの特徴はこんなです。
・ロックバー「テキサスフラッド」のお客さんバンド優先なので、顔見知りが多く、盛り上がる。つい酒も進んでしまう。友達も増える。
・出演者もお客さんも長くいるので、満員の中で演奏できるから気分がいい。(よくあるブッキングライヴだと関係バンドしか見ない人が多いので、少ないお客さんの前で演奏するケースもありますよね)
・チケットノルマないので、その分自分で飲み食いできる。
・レストランBARなので、FOODも充実。余所に打ち上げ行く必要ない。
・中年バンド、再結成バンド、臨時バンド、初ライヴバンド、リハビリバンドなど歓迎してます。

 

今度のジェフ・ベック。

こちらのギター少年のBLOGに、JEFF BECK来日公演のメンバーの記事があります。
VOがジミー・ホール(ウエット・ウイリー)とうのが気になります。どんなのやるのかなあ? 
ジェフ・ベック・グループやBBAの頃の感じならGOOD。まあ同じことはできませんけどね。
見たくなってきた。BBA武道館と後楽園ワールドロックフェス以来見てないから。
 
 
レスポールとストラト対決の話も面白いです。

ロックバーにぴったし。

最近やっとBADLANDSのファーストを入手した。
他のCDはすでに持っていたけど「そのうち…」のファーストを手に入れるまで数年経ってしまった。
欲しいCDはMYリストにして記録しているが、どんどん溜まり(希望CDを全部買うほどの○も無し)、優先度も下がっていく。
BADLANDSはハードロックの中でも、相当かっこいい。これぞ男のROCKだ!という感じだ。
自分でもこんなバンドやりたいな。グレン・ヒューズのNEWバンドもいい。
JAKE E LEEの新譜はカヴァーアルバムらしい。近日!
それなのに、今日、前から気になっていたPRIDE & GLORYを買うことにしてしまった。
JOHN NORUM、JOE PERRYの新譜も欲しいのに。
いつも、こんな調子の「割り込み」がある。
宝くじ当たったら、まず溜まりCDを100枚位買おうかな。いや500枚?
重たそう。

神戸NOOSA

ヌーサ1

神戸へ行くと、時々いくBARです。

三宮駅から10分位の静かな、分かりにくい場所です。

 神戸市中央区中山手通1-20-14

078-271-2384

 

ヌーサ3

その名は「ヌーサ」。

ここで飲んだシングルモルト(アイラ)の

「ブルーイック・ラディ」はお勧めです。

「てきふら」にも置きました。

 

ヌーサ2

 レイヴォーン好きは、カナディアンウイスキーの

「クラウン・ローヤル」愛飲しますけど。

結論。酒は気分よく飲めれば美味しい。同じ物でも味が違います。

初めてですか?

「ROCK BAR講座 : ごめんなさい」
 
BARには色々な方が来ます。
ドアがすっと開き、緊張の一瞬が訪れます。
誰?どんなお客さん?
まあお客さんもそうでしょう。どんな店?どんなマスター?どんなお客さんがいるのか?怪しくない?
 
常連さんではない場合が問題です。
初めてなのか?再来店なのか?
オーダーを聞きながら記憶のページをめくるのですが…
2回目の来店のお客さんなのに、私が覚えていない(思い出せない)ケースが問題なのです。
「初めてですか?」と聞いて「いや○回目」となったときの恥ずかしさ。「ゴメンナサイ」状態です。
 
最近、雑誌「アエラインロック」「大人のロック第二号」「東京新聞」、HPやBLOGで、初めてのお客さんが増えてきています。(どっとではなく少しですけど)
話をすれば、その内容と重ねてお顔を覚えやすいのですが、それでも連日「新しいお顔」があると、やはり次第に記憶が重なり?忘却の彼方の可能性が大きくなります。
ロンリーマスターのお年の所為もあります。
 
連続して会うと記憶に刻まれるという人もいます。1週間以内位にもう1度会って話をすると、確かに。やはり「記憶の刻み」は数多いほうが強いですよね。
パソコン処理なども、毎日やる動作はすぐ覚えますが、めったにやらないことは取説を見直さないと分からないですし。
 
とはいっても、1週間以内にまた来てねというわけにもいきません。
服装や髪型も同じではありませんし。
この前○○の話をしましたね、とか言って頂けると思い出す場合もあります。
なんかいい作戦はないでしょうかねえ?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ロックバー講座「内装」

噂の?ロックバー講座。
今日は「居抜きかスケルトンか」
 
いい感じの店かどうかはドアを開けてすぐ分かるそうです。
ファーストインプレッションというやつでしょうか。
洋服なんかも店で最初に「いい感触」を得たものを、最終的に購入する可能性が高いように思います。他にもいろいろ見た挙句、最初のものにするのです。
 
まあ相性もありますけど、「てきふら」の内装、空気は評判いいようです。(手前味噌)
開業経費を少なくする為には「居抜き」がいいのですが、私も何件か見ましたが考えていたものとは雲泥の差があり、結局、経費は掛かっても理想の店を作るため、スケルトン(ほぼコンクリ状態。前の店舗の造作なし)を選択しました。
安い居抜き物件は、一般的には「古く」「汚く」「安っぽいカウンター」ときには「臭く」、たまに「幽霊付き」です。役に立たない物が残してあることもありがちです。(処分にも経費かかります)もちろん場所も悪いのです。
だから「安い」のですが。
 
そういう悪条件の物件を、技とセンスで、経費を少なく「リフレッシュ」できる人は「居抜き」でもいいと思います。
でも実際には「潰れた店を素人作業で手を入れた」ことを、お客さんは一瞬で見抜きますから注意が必要です。空気も澱んでいますし。
何度も行きたい「お気に入り」に登録してもらうのは大変でしょう。
 
1回だけのお客さんしかいない店は、いずれ行き詰まります。よほど一元客が期待できる立地なら別ですけど。感じ悪くて不味いのに混んでる飲食店なんかがいい例です。
リピーターを多数確保できる店を作れるかが最大のポイントです。
 
スケルトンでスタート可能ならそれがベターです。自分の理想に近づけることができますから。(理想もセンス良し悪しがありますけど)
経費はそれなりに、いえ予算以上にかかります。
 
 

レイヴォーン好きバンド、もう一つ。

クレイドル1

こちらは「THE CRADLE」です。

2回目の登場でした。

 

 

クレイドル2

 

このあと、客席に乱入。

3曲CD、てきふらで販売してます。

SRV好きバンド

フライデーTVショウ1

 5月3日てきふら企画LIVE出演バンドです。

 その名は「FRIDAY TV SHOW」

 リビエラパラダイスもやってくれました。

 

フライデーTVショウ2

 STEVIE RAY VAUGHAN バンドが6つ。

主催は、荒木町ロックバー「テキサスフラッド」

会場は、四谷3丁目「ソケースロック」さんです。

Twitter プロフィール
ロックバー「テキサスフラッド」とは
2003年4月にOPENしたロックバー「テキサスフラッド」です。店名の「テキサスフラッド」とはテキサスのブルースロックギタリスト、スティーヴィー・レイヴォーン(SRV)の曲名です(アルバム名でもあります)。90年8月27日エリック・クラプトンたちとのスキー場リゾートでのライヴの帰り、ヘリコプターが墜落して亡くなりました。享年35歳(1954年生)、嗚呼!

バー経験ないウッドストック世代の団塊サラリーマンが脱サラしてはじめました。内装も自分で設計(素人ですが)し、木を多く使い、工事にも参加して安く仕上げました。

スティーヴィー・レイヴォーン専門店というわけではありません。自薦の大人のロックを流しています。「大人のロックを堪能したい!」という方なら大歓迎!気軽にドアを開けてください。

禁煙ロックバーにしました。
営業時間
営業時間は
19:00頃〜23:30頃です。
日祝日が定休日です。
土曜日は不定休です。
アクセス
荒木町柳新道通りというごく狭い路地の奥にあります。非常にわかりにくいです。

東京メトロ丸の内線四谷3丁目駅が一番近く徒歩4分。都営地下鉄新宿線曙橋駅からは徒歩5分。JR四谷駅からだと10分くらいです。

荒木町柳新道通りは車が入れないほどの狭い路地です。路上左側にある緑のネオン看板を探して路地の奥にどんどん進んでください。看板のわきの階段を上がった2階が「テキサスフラッド」です。

分からない場合は電話をしてください。03−3351−2969
ROCKとお酒について
ロック、ハードロック、ブルースを中心に低音増量、音量で大きめで流しています。選曲は全てマスターが行います(リクエストにはお応えしていませんのでご了承ください)

お酒はバーボンなどのウイスキー系がメインですが、マスターがチョイスしためずらしいビールや焼酎や泡盛なども置いています。

ノンアルコールドリンクも用意しています。お酒が飲めない場合でもお気軽にどうぞ。

店内は完全禁煙にしました。

●チャージ料/500円 ・ボトルチャージ料/1000円
てきふら企画LIVE
中高年バンド、臨時バンド、復活バンド、初心者バンドなどを応援するライブです。SRVバンドも大歓迎。 出場者はテキサスフラッドの常連さんバンド。参加費一人1500円(バック,ギャラはなし)で、チケットノルマ、選考などはありません。

希望者はテキサフフラッドに来店ください。マスターと顔馴染みになるだけでOKです。リハーサルから本番まで出演者もお客さんとなって楽しむ企画です。普通のライヴハウスの企画やブッキングのライブとはだいぶ違います。若者ももちろんOK!

ライブ会場は「ソケースロック」さんや「Crawdaddy Club」さんなどで開催しています。
プロフィール
ツイッターやってます
ギャラリー
  • 販売中の 中古ブースターです。 販売中の ロックバーです。 販売中の オリジナルTシャツです。
  • 販売中の 中古ブースターです。 販売中の ロックバーです。 販売中の オリジナルTシャツです。
  • 販売中の 中古ブースターです。 販売中の ロックバーです。 販売中の オリジナルTシャツです。
  • 今宵の大人の 荒木町ROCKBARは 酩酊につき
  • 今宵の大人の 荒木町ROCKBARは 酩酊につき
  • 今宵の大人の 荒木町ROCKBARは 酩酊につき
  • 今宵の大人の 荒木町ROCKBARは 酩酊につき
  • SRV生写真3枚目です。
  • SRV生写真2枚目
最新コメント
記事検索
アーカイブ
メッセージ
QRコード
QRコード